×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



花粉症。今は他人事でも、ある日突然あなたもかかっちゃうかも・・?!

花粉症は命に関わるような病気ではないけれど、当人にとっては本当にツライ花粉症。花粉症未経験者は「ああ、花粉症なの」と軽く受け流してしまいますが、自分は花粉症は大丈夫と思っていてはダメですよ。今日本で花粉症にかかっている人は2千万人強と言われ、ざっと5人に1人の割合で、その約80%がスギによると花粉症言われています。ですから、これまでずっとなんでもなかった方でも、地域差もありますがスギ花粉が飛散し始める2月頃『急に鼻がグズグズ、涙が止まらない』状態になったら花粉症を疑ってみるべき。花粉症と風邪との違いは、1週間以上経っても症状が治まらないこと。また風邪の時の鼻水は時間と共に粘着性が強くなって行きますが、いつまでもさらさらと水のような時は、恐らく花粉症と思って間違いないでしょう。花粉症の対策としては各種内服薬や目薬のほか、鼻の不快症状を抑える『点鼻薬』もありますので、いざという時のために覚えておいてくださいね。

レーザー治療関連商品情報はこちら
花粉症対策の関連情報のいろいろはこちら

気になる商品情報を検索


[ナイスな情報]

花粉症シーズンになったらの対策は・・外出時はこんな点に気をつけて。

花粉症シーズンは年が明けると、イヤでもジワジワ近づいてきます。花粉症になると鼻水に涙・・と、とても人前に出られるような気分じゃないけど、かといって外に出ないわけにも行かずツラいところですよね。もし出かける時はできれば晴れた風の強い日は避け、花粉が飛ぶピークの午前11時〜午後3時頃以外の時間帯を選びましょう。花粉症で働いている方はそんな都合よく行かないとは思いますが、調整できるなら昼間はデスクワークをして、朝や午後3時以降に外出するようにしてみてください。服装は花粉がつきにくいスベリの良いものを選び、花粉が集まる静電気が起こりやすい化繊のものは避けた方が無難です。花粉症には帽子やマスク、ちょっと目立っちゃいますがゴーグルなども装備。そして建物内に入る時は、洋服や帽子など身につけているものだけでなく、鞄や袋などの花粉も払い落としてから。花粉症になっちゃったら、いろいろ工夫して、少しでも快適にお過ごしください。

光触媒の力でお部屋の空気を洗浄する、花粉症対策の新アイテム

花粉症治療も多種多様。注目の最前線レーザー治療あれこれ。

花粉症治療の最前線といえばレーザー治療ですが、花粉症のレーザー治療は大きく<光活性化型><光融合型><光破壊型>の3つに分類されています。簡単に言うと、レーザーで鼻の粘膜を切ったり焼いたりすることで花粉症の鼻の不快症状を抑えるのですが、効果の持続は約1年で『鼻づまり』にはあまり効果がありません。その花粉症鼻づまり対策として、今注目されているのが高周波治療のソムノブラスティ。花粉症のレーザー治療の場合は痛みが伴ったり、術後に出血してできたカサブタが不快だったりしますが、ソムノブラスティの場合そういったことはなく施術も数分で、保険も使えます。花粉症だけど、やっぱり手術はイヤだという方には、SLIT(スリット)減感作療法。花粉症患者さんに合わせて調合されたスギなどのエキスを口に含み、舌下に吸収させる方法で、副作用もほとんどなく有効・安全な花粉症の治療法としてWHO(世界保険機構)も推奨しています。

花粉症対策の「アレルギー免疫療法(減感作療法)」関連情報はこちら


spacer.gif
Copyright © 2008-2011 花粉症対策レーザー治療。安心美容形成外科
  • seo